バイク装備の選び方(バイク用)
XJR400 XJR1300 CB400 CBR1300R YZF-R1 YZF-R6

[バイク装備の選び方(バイク)]

■バイク ナビゲーションの使用感想。  (入門向け)

 

バイク乗りの皆さんから、使用した装備の感想を頂きました!!。

バイク ナビゲーションバイク カーナビナビゲーション バイク

ナビゲーションを持ってないのなら、1台持ち始める利用効果はとても高い。

 

 

[↓ガーミン ポータブルナビゲーション]

バイクには屋根がないので日光の反射により、昼間はナビゲーションの画面が真っ白になる。

日よけのあるバイクナビゲーションを一度使ったら、もう日よけなしでは使えない。

 

======================================================================================

 

 

【バイク ナビゲーション ユピテル「YPL433si

 

以前、使用していたナビゲーションのユピテル「YPL433si」だ。

日本製で、GPSナビゲーション端末を製造している会社だ。

 

ユピテル「YPL433si」は、正確にはバイク用のナビゲーションではない。

ポータブルナビゲーションという携帯用のナビゲーションだ。

バイク用の場合、耐震性と、防水性を兼ね備えている。

しかし、持ち運び用のポータブルナビゲーションでも耐震性は十分なのでバイクでも利用が可能だ。

 

画面の大きさは4.3インチ。

バイクに使うなら、小さすぎず、大きすぎずの丁度いいこのサイズ4.3インチがお勧めだ。

4.3インチなら、ホルダーにも収まりやすい。

 

初めて購入する入門向けナビゲーションとしては、最低限の機能性は備えている。

YUPITERU ユピテル YPL433si バイク ナビゲーション ポータブルナビゲーション

[YUPITERU ユピテル YPL433si バイク ナビゲーション ポータブルナビゲーション]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナビゲーションが有るのと無いのでは、目的地まで到達する安定感と確実性が全然違うので

どんなのでも良いから、まずは1台持って置くのが望ましいだろう。

古くても、新しくても、現在地を特定し目的地まで案内してくれる機能性に変わりはない。

 

 

品質の違いは以下に出る。

 銑まで、重要順に並べてみた。

 

GPS受信感度    (GPSが受信出来ない時、同時に行く道も解らなくなる。)

▲轡好謄爐僚萢速度(迅速な行き先と判断をしたい走行中に、処理に時間が掛かっていては使い物にならない。)

B儺彑、防水性   (壊れては使えない。)

っ録泙良充┠措   (地図が古くて、道なき道を走ったとしても、結局は目的地には付くので4番目にした。)

 

YUPITERU ユピテル YPL433si バイク ナビゲーション ポータブルナビゲーション

[YUPITERU ユピテル YPL433si バイク ナビゲーション ポータブルナビゲーション]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユピテル「YPL433si」を実際に使ってみた感想は

機能性は十分だ。

地図の表示性、操作性、オービス検知も兼ね備え、豊富な機能性が売りのナビゲーションだ。

 

 

しかし、以下の点で困っている事があった。

・GPS受信感度が悪い。自宅内(コンクリート建築)に入ると電波を一切受信しない。

・自宅内から外に出ても、GPSが受信されるまで5分位かかる。

・走行中にリルートが発生すると、リルートがされるまでの時間が長い。

 長いだけでなく、永延に「リルート中」の表示がされ、リルートがされない事が大半である。

 仕方がないので一旦停止して。止まった状態でGPSの受信を安定させると、ようやくリルートが決まるといった状態だ。

・トンネル内でも、GPSの受信が途切れる事がる。トンネル内に分岐があった時は最悪だ(;△;)。

 

 

GPSの受信が途切れると、画面から「目的ルートのライン」が消去され

行き先不明になるので、知らない道を走っていると一旦停止するしかない。

これはとても致命的に思える。

私の場合、新しいのに買い替えた主な理由はこれだ。

 

ただし、だからと言って購入したのを後悔はしてはいない。

何故なら、当時それまではバイクのナビゲーションを持っていなかったから、とても活躍してもらっていた。

YUPITERU ユピテル YPL433si バイク ナビゲーション ポータブルナビゲーション

[YUPITERU ユピテル YPL433si バイク ナビゲーション ポータブルナビゲーション]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は初めてのナビゲーションだったこの製品を使ってみて思ったのが

どんなに多くの高機能があっても、走行中にGPSが受信できないのは非常に支障をきたすと言う事だ。

 

初めてのナビゲーションだから満足していたけど

2代目の買い替えだったら、果たして満足していただろうか疑問に思う。

 

 

内臓バッテリー駆動時間は2.5時間。

これは必須機能だ。何故なら、バイクとはシガーソケットで電源を供給する。

バイクは振動が多いので、シガーソケットの接触が途切れる時が有る。

その時、内臓バッテリーが無いと一瞬にして電源不足で画面が真っ黒になる。

 

ただし、この2.5時間は充電完了直後の連続使用時間だ。

例えば、1時間利用して次の日に、1.5時間使おうと思ってもバッテリー切れで利用出来ない。

電源を切っている状態でも、OSが電力を消費し続ける為だ。

 

持ち歩いて使うなら、タイムリミットが決まっている。

携帯電話のように使わなければ長くバッテリーを持たせられるという訳ではないのだ。

 

ポータブルとは、あくまで取り外して携帯可能という意味で、外出先で持ち運んで利用するという意味では無いようだ。

YUPITERU ユピテル YPL433si バイク ナビゲーション ポータブルナビゲーション

[YUPITERU ユピテル YPL433si バイク ナビゲーション ポータブルナビゲーション]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分でバイク用にカスタマイズした点。

・ストラップの穴は無いので、ネジの所にストラップの紐を通している。窪んでいるので外れることは無い。

・背面には落ちないようにマジックテープを付けて、ホルダーにくっ付くようにしている。

 

その他、気づいた点

・スピーカーが真後ろに付いているので音の反響が良くない。(正面についていたらなと思う。)

・電源ボタンが「プッシュ式」なので、ポケットに入れていると勝手に電源が入ってしまう。(スライド式スイッチだったらと思う。)

 電源が入りっぱなしで、使おうと思ったら電源切れで残念なんて事が良くある。

YUPITERU ユピテル YPL433si バイク ナビゲーション ポータブルナビゲーション

[YUPITERU ユピテル YPL433si バイク ナビゲーション ポータブルナビゲーション]

 

 

 

 

 

 

 

 

普段は、適当に購入したケースに入れている。

結構これでも、2,3回地面に落としている。

 

またこの製品は、オービス検知機能を備えていて、その高機能を売りにしてはいるが

密集地街で走っていると、検知機能が常時喋り続けている状態になり、うるさいので切っている。

 

操作は指でタッチして使用するのが一般的だが

それだと、グローブを外さないと使えないので「ニンテンドーDSのタッチペン」を使っている。

細かいところまでタッチ出来るので、意外に使える。

YUPITERU ユピテル YPL433si バイク ナビゲーション ポータブルナビゲーション

[YUPITERU ユピテル YPL433si バイク ナビゲーション ポータブルナビゲーション]

YUPITERU ユピテル YPL433si バイク ナビゲーション ポータブルナビゲーション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐らく日本製は、地図の表示や高度な機能を重視し

米国製は、とにかくGPSの受信感度を重視しているようだ。

 

そんな中、この商品(ガーミン)の評判は非常に良いと聞く。

ユピテル「YPL433si」よりもGPSの受信感度が良く、処理速度も速いと評判だ。

しかも、価格が安い!。

 

 

pinpinpin

現在ナビゲーションを持っていなく

これからポータブルナビゲーションを、とりあえず入門的に使うなら、この位からでも良い。

[GARMIN(ガーミン) NUVI2465]

商品説明は日本の代理店HPにて:http://www.iiyo.net/products/nuvi2465/

 

 

(評価するポイント)

・4.3インチ画面。(視野的にも、バイクには最適な大きさ)。

・内臓バッテリー:駆動時間3時間。

 ↑(内臓バッテリー駆動は必須。バイクは振動が多い為に、シガーソケットの接触が一瞬途切れる事がある。)

 

・渋滞時や、道を間違えた時のリルートがスムーズ。

 ↑(これはとても重要な事。走行中に「地図位置」と「GPSの位置」が一本ズレてしまいリルートが行われることが有る。

  その時に、リルートが遅いと何処を走ったら良いのか急に解らなくなりお手上げ状態。一旦停止するしかない。

  走行時のナビゲーション選びでは、高度な機能よりも、これは優先したい事項になる。)

 

・操作が簡単で使いやすい。

・画面の操作動作、検索が速い。

・利用者も多く、シリーズリピーターも多い。

・値段の割には評価が高い。

・高感度GPSチップを採用しているので、都心のビル街や高架下でも誤作動がしにくくなっているとの事。

・米国製の日本語対応版。世界では最も販売されているポータブルナビゲーション。

 

 

 

 

[YUPITERU ユピテル YPL433si バイク ナビゲーション ポータブルナビゲーション]

 

 

------------------------------------>

バイクナビ 一覧を見てみる。

検索条件には

3.5インチ

4.3インチ

を入力すると、バイク用に適した大きさの

「ポータブルナビ」が表示される。

入門者には、1万円〜程度のポータブルナビでも十分に活躍する。

------------------------------------>

 

 

 

 

 

[YUPITERU ユピテル YPL433si バイク ナビゲーション ポータブルナビゲーション]

 

======================================================================================

 

 

 

 

 

 

 

 

[バイク装備の選び方(バイク)]