バイク装備の選び方(バイク用)
XJR400 XJR1300 CB400 CBR1300R YZF-R1 YZF-R6

[バイク装備の選び方(バイク)]

■転倒の仕方。

 

【転倒時の状況を理解すれば、どんなプロテクターが必要か解ると思います。】

 

 

【転倒1 (スピードが遅い時)

転倒時、地面のアスファルトに体の一部が接触した時の画像。

一番に「手、ひじ、ひざ」が同時に、アスファルトに付いている。

 

一番最初の受け身に力が入らなければ、その後の受け身も取れない。

スピードが出ていないので、この後すぐに起き上がる。

 

バイク装備の選び方HP

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【転倒2】 (スピードが遅い時)

 

この場合、一番最初に「ひざ、手」が付いている。

この次に付くのは「ひじ」。

 

同じく、直ぐに起き上がる。

 

バイク装備の選び方HP

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【転倒3】 (スピードが遅い時)

 

前方へ転倒した時。

ひざ」が一番最初についている。

次に「」を付こうとしている。

 

 

↓その後に、回転し「肩」を地面へ付いている。

この時点で、衝撃はほぼ吸収され無くなった。

バイク装備の選び方HP

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【転倒4】 (スピードが遅い時)

 

ひざ」と「」が同時。

 

こうみると、一見転倒時に最初に地面に接触するのは「手」「体の上半身」や「頭」だと思っていたけど

地面に最も近い「ひざ」は、最初に必ず衝突する事が多いと解る。

バイク装備の選び方HP

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【転倒5】 (スピードが遅い時)

 

ひざ」と「」が同時。




バイク装備の選び方HP

 


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【転倒6】  (スピードが速い時)

 

ひざ」と「ひじ」が同時。

(速度が速い衝撃は、では耐えれないので(骨折の可能性)、先に丈夫なひじを付いている。)

 

↓速度が速いと、路面を滑る事が加わる。 (止まるまで)

滑る時は、主に(ヒップ、臀部)も加えて摩擦の衝撃を受け続けている。

バイク装備の選び方HP

 

他にも多くの転倒シーンも見てみたが、

最も多くの転倒時に共通するのが、体の出っ張った部分から衝突している。

下半身は「ひざ」、上半身は「ひじ」か「手」。

 

その中でも、地面の最も近くに位置する膝は、一番最初に接触する事が多いようだ。

 

 

 

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【結果】

衝撃の種類は2つ。

「衝突の衝撃」        「摩擦の衝撃」

 

 

■転倒時の衝撃の種類 -------------

・第1の衝撃=下に掛かる「衝突の衝撃」     (損傷=打撲、骨折)

・第2の衝撃=前方へ掛かる「摩擦の衝撃」    (損傷=擦り傷、摩擦の火傷)

 

■衝撃の吸収する相手 --------------

下に掛かる「衝突の衝撃」は、アスファルトと正面衝突で受け止める。      (衝撃=大きい、時間=短い)

前方へ掛かる「摩擦の衝撃」は、アスファルトで水平に擦りながら受け止める。(衝撃=小さい、時間=長い)

 

■衝撃を吸収する自分の身体 -------- ■

・速度が遅い時、初めに「ひざ」と「」を付く。  (衝撃が弱いので、受け身の体制をコントロールしやすい選択を優先)

・速度が速い時、初めに「ひざ」と「ひじ」を付く。 (衝撃が強いので、衝撃に耐えれる強い身体部位(ひじ)を使う選択を優先)

 

 

 

 

 

 

 

転倒時の対応は、「衝撃の吸収ポイント」と「滑りのブレーキポイント」。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

【第一の衝撃】

大怪我につながるのは、転倒時に初めにアスファルトへ受ける、下に掛かる衝突の衝撃(第一の衝撃)。

この衝撃さえ吸収すれば、その後はいかに上手く滑り、早く止まるかだ。

 

この第1の衝撃をアスファルトへ「ひざ、ひじ、手」(衝撃の吸収ポイント)を付いて吸収できなければ、

肩、胸部、腹部、頭部、腰、すね」の身体の重要箇所で

下に掛かる衝撃が無くなるまで、体へ衝撃が加わり続ける。

 

転倒時に「」か「ひじ」を路面に着けない時は、体勢もコントロールできない。

  

 

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------

【第2の衝撃】

摩擦の衝撃(第2の衝撃)は、衝撃が弱いために体勢を整えやすい。

意図的にプロテクターの入っている箇所(滑りのブレーキポイント)を地面アスファルトに押し付けてブレーキを掛けれる。

 

「手、ひじ、ひざ、肩」、これらが地肌だったらブレーキは掛けれない。

人は痛いと力が入らない。

滑りのブレーキポイントが直接体となり、体の表面が摩擦され続ける。

  

 

 

滑りの距離が短ければ、

対向車線の車へぶつかる、電柱にぶるかる等の二次衝突が防げる。

滑りの速度が遅ければ、衝撃も少ない。

 

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------

まとめ

 

事故は様々だけど、転倒時には

・第一の「衝突の衝撃」が必ず訪れる。8割はアスファルトが相手、残り2割は車や壁が相手。

・第二の「摩擦の衝撃」は滑る体が減速し停止するまで、二次衝突の可能性がある。

 

プロテクターは転倒時に体の損傷を軽減する為だけに使うのではなく、

・第一では体勢を整え

・第二でも体勢を整える

体勢をコントロールする事にも、プロテクターは使える。

 

激しく歩いたり、動かしたらしたらズレるプロテクターでは意味がなく

→「転倒時に、このプロテクターがズレたりしたら危険だから、あまり動かないように」ではなく

→「どんな転倒時にも体勢を整え、この所で衝撃を受ければ吸収できる。」の信頼性が必要。

 

 

転倒時に人が取る動作と、起こる出来事を予測し、対策を立てていれば

転倒中にも出来る事が多くあり、安全性が増します。

 

 

バイク装備の選び方。  バイク装備の選び方。

 

 

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------

まとめ

警視庁の統計では、死亡事故で最も多い損傷部位は

頭部が全体の5割

胸部と腹部が全体の4割を締めている。

だから、ヘルメットをきちんと締め、胸部プロテクターをきちんと着用することで損傷部位の9割を保護しよう。

・・・と推奨しているが、それはとても重要な事だ。

 

 

その目的は、頭部と胸部・腹部のダメージを、死亡に至らない程度に軽減する為だ・・・・・・・・が

一つ肝心な事に注目してほしい。

 

 

 

 

 

・50m走のかけっこで、手を付いて、肘をついて、膝もついて、転倒すると

 手のひら・肘・膝の損傷を負う事がある。

 

・50m走のかけっこで、※両手を後ろに縛られた状態で転倒すると

 頭部と胸部打撲の損傷を負う事がある。

 

 

 

 

そして、バイクの転倒時に、グローブ、肘プロテクター、膝プロテクターがない状態で転倒するのは

「・50m走のかけっこで、※両手を後ろに縛られた状態で転倒する」事と同じ。

素の手、素の肘、素の膝、素の踝の着地は、鉄やコンクリート相手では打ち負ける。

VS

 

 

 

 

 

肝心なのは事故を起こした時に

 

頭部と胸部・腹部に衝撃を受け死亡した人

手・膝・ヒジ・足・腕・肩を「※負傷していない事だ。

そして

頭部と胸部・腹部に衝撃を受けても死亡しなかった人

手・膝・ヒジ・足・腕・肩を「※負傷している事」だ。

 

 

 

頭部と胸部・腹部に衝撃が達するまでに、どれだけ衝撃が緩和されているのかが

コンクリートや鉄の車体相手に、自分の命を守るすでだと言える事だろう。

 

ヘルメット、胸部プロテクターで直接の衝撃から守る事よりも

直接の衝撃を受ける前衝撃緩和動作の方が重要だと、ここでは言いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

バイク装備の選び方HP

======================================================================================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[バイク装備の選び方(バイク)]