バイク装備の選び方(バイク用)
XJR400 XJR1300 CB400 CBR1300R YZF-R1 YZF-R6

[バイク装備の選び方(バイク)]

■装備・プロテクターの使用感想。  (ライダースジャケット編)

 

バイク乗りの皆さんから、使用した装備の感想を頂きました!!。

ライダースジャケット コミネ バイク お勧め 、選び方 KOMINE ライダースジャケット コミネ バイク お勧め 、選び方 KOMINEライダースジャケット コミネ バイク お勧め 、選び方 KOMINE ライダースジャケット コミネ バイク お勧め 、選び方 KOMINE
夕暮れは、ライディングの疲れを感じさせる・・・

.灰潺 KOMINE ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004 

 

↓お勧め

 

春夏用の.灰潺 KOMINE ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004は完売。

 

======================================================================================

 

 

【コミネ KOMINE JK-004 ライトメッシュジャケット ベルーガ 】

検索型番:
JK-004 

【評価】
風通し:OK
プロテクター品質:OK
季節:メイン夏(春秋)
フィット性能:OK

ライダースジャケット コミネ バイク お勧め 、選び方 KOMINEライダースジャケット コミネ バイク お勧め 、選び方 KOMINE  ライダースジャケット コミネ バイク お勧め 、選び方 KOMINE ライダースジャケット コミネ バイク お勧め 、選び方 KOMINE

コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004


 

 

 

 

ライダースジャケットは、もっとも外観を大きく変えるパーツなので

デザインと色はとても重要視する所だ。

デザインと色がまず見つかって、次に機能性という順番で探したい。 

 

 

 

 

 

 

ライダースジャケットはバイク乗りにとって、上半身と下半身のうちの、上半身に必需品だ。

ジャケットを選ぶ上で、重要なのはサイズとフィット感だ。

デザインも重要だけど、フィット感が無いと使い物にならない事がある。

 

購入品は コミネ ライダースジャケット JK-004。

春夏秋にシンプルなデザイン製の物を探していて、見つかったライダースジャケット。

コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット
[コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004]

 

 

 

 

 

 

ファスナーを締めた状態。

ライダースジャケットは、ファスナーを締めて、袖元のチャックも締めて、腰の両サイドの調整ベルトも締めて

全てを締めた状態にすると、プロテクターが適した位置に固定され安全性能を発揮する。

走行中は、しっかりと効果を発揮させると良い。

コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用
[コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004]

 

 

 

 

 

 

ライダースジャケットは、どの製品がお勧めとは言えず

「このメーカーのこの製品」はフィットするけど、

「このメーカーのこの製品」はフィットしないという事もある。

 

その為に購入する時は、メーカーのサイズ表記に合わせる必要がある。

 

市販の私服だったらMサイズは身長165~175cmという表記が多いけど

コミネのMサイズは身長160~170cmだ。


[コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004]

着た感じでは、177センチ、65キロの男性の場合、Lでは表記外でもあり小さいと思うので

表記にある通り、XLがフィットするはず。 

 

Lでも良いけど、ピッチピチ感が出でる事だろう。

いくらこの製品がスリムパターンだとしても、パッツンパッツンではせっかくの服のライン(シルエット)が崩れ

スタイリッシュには見えない。

スリムパターン コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身長(胴体・手足の長さ)に対してライダースジャケットが小さかったりすると

プロテクターの肘の位置が、肘上の方まで上がってしまい、

また、手首の5センチ上くらいまでカバーするはずのプロテクターが足りなかったりする。

ジップ式で上下の位置を調整出来る製品もある。

 

体のサイズに対して大きかったりすると

転倒時に、ジャケットがめくれたり、プロテクターの密着が弱く簡単にズレてしまう事がある。

 

このコミネ ライダースジャケットに関しては、肘のプロテクター部に肘元を締めるベルトが付いてるため

サイズに少し余裕があっても、肘のプロテクターはズレることは無い。  (腕部の写真、ちょうど肘の関節部にベルト)

コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用
[コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、JK-004の色はシルバー。

↓ このパンフレット掲載写真を見ると、ほとんど白(ホワイト)に見える。

コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用

実際のコミネ ライダースジャケット JK-004 シルバーはの色は、その名の通り銀だ ↓。

左に、白紙を置いてみた。 左の白い紙と比べると、どれだけ(パンフレット写真と↑)比べて、色が白くないのかが解る。

コミネ製品は、掲載写真と色が違う事が多いのだろうか・・・掲載写真はあまり当てにならないのか・・・当てにしない方が良さそうな気がする・・・

コミネはコストパフォーマンスよりも、良い製品と評判が高いので、通販購入者からするとショックな事かもしれない。

コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用
[コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004]

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろからの写真(パンフレット)。

このライダースジャケット JK-004 はslim・スリムタイプに作られている。

スリムパターン コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用

コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用
[コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004]

 

 

 

 

 

 

 

腰のあたりの写真。

KOMINE というロゴの部分に、凹凸があってパットでも入っているように見えるけど、そんなことは無く普通の布一枚。

(パットが付いているライダースジャケットもある。)

 

腰部分が短いライダースジャケットは、バイクにまたがって前傾姿勢になると腰が見えてしまう。

こういった背後の腰の部分がカバーされたような作りだと、そういった事はない。

コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用
[コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004]

 

 

 

 

 

 

 

腰部のサイドの部分。

ライダースジャケットは、風によるパタつきを防止する為に、ここの調整が出来る。

コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用
[コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004]

 

 

 

 

 

 

 

正面の写真。

販売対象としては、春夏秋として売られているのだろうけど。

春秋の寒い時期にも対応できる場合、中に着脱式可能なインナーが付いていたりする。

 

この製品には付いていないので、夏をメイン向けと考えたほうが良い。 

(製品名はライトが付く、ライトメッシュ ラーダースジャケット。通常のメッシュよりもメッシュ性能という事だ。)

(「春秋メイン、夏も大丈夫」ではなく、「夏メイン、春秋でも大丈夫」と行った生地の製品)

 

メッシュジャケットは多くあるけど、そんな中でもフルメッシュで風通しを重視した製品だ。

シルバー部の生地は、非常にソフトなさわり心地。

ハンガーに掛けると、ブランブランする位に柔軟性がある素材。

コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用
[コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004]

 

 

 

 

 

 

生地が通気性の良いメッシュだからといって、耐久性は大丈夫なのかといえば

転倒時路面に擦れれる、「腕の外面」と「」に関してはナイロン(↓ブラックの部分)になっているので、

滑りの良さと、破れない強度は確保されている。

コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用
[コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004]

 

 

 

左肩の部分(前から)。
コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用
[コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004]

 

 

 

 

 

 

 

内側を開いた状態。

背中のプロテクターが見える。 

 

その両サイドに肩のプロテクターが見える。肩は網の中にセットするのではなく、ジップで止めるセット位置調整式。

コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用
[コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004]

 

 

 

 

 

写真右下↓。 カードを入れたりする、ポケットが付いている。

コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用
[コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004]

 

 

 

 

 

 

 

 

コミネのポイントの一つに、標準装備プロテクターの基準の高さがある。

 

↓この写真は、ほとんどの「他の多くのライダースジャケット」に標準装備されているプロテクター(ソフトプロテクター)。

ウレタン(スポンジ)のような素材。

このプロテクターでは、衝撃は受け止められないのかと言えば、そんなことは無く、しっかり受け止められる。

 

比較的少ないけど、柔らかすぎるウレタン素材は、尖ったところに衝突して食い込みが発生した場合には弱い。

プロテクター コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用

 

 

 

 

 

その前に、このバイクグローブのオレンジ矢印(←)部分を見てほしい。

ここに強固なカーボンプロテクター(プラスチック製)が付いているのは何の為かと言うと

 

これは転倒時に滑らせる事で衝撃を逃がし、骨折などの可能性を減らす役割をするスライダープロテクター。

ここがウレタンだったら、アスファルトにグローブが引っ掛かった時に腕が圧迫され

骨に圧力が掛かりすぎて骨折などの可能性がある。

 


矢印←の部分が、カーボン製のスライダープロテクター

カーボンスライダー バイクグローブ コミネ KOMINE

 

 

 

 

 

 

 

そして、

↓これはコミネに標準装備されている肘と肩のCEプロテクター(ハードプロテクター)。

(EU・欧州のプロテクション安全規格CEをパスした安全なプロテクター

プラスチックのカバーが付いている。

 

その為に、強度はもちろん高いが、メリットはそれだけではない。

ウレタンパットの場合、形状が柔らかくて柔軟に変化する為にアスファルトに対して密着しやすく

引っ掛かってズレやすい傾向がある。

バイクでライダースジャケット来ているのに、プロテクターがズレて擦りむいたという方はこの可能性もある。

 

 

また、アスファルトに擦れてジャケットに穴が空き、パッドが直接アスファルトへ擦れる場合には

ウレタンのゴムのような素材は滑りが悪いために引っ掛かりやすい。

パットが滑らずに、ベタリとアスファルトに密着すれば、ズレて直接皮膚を擦る可能性も高くなる。

 

その為、強度と滑りの良さを両立したプロテクターが標準装備というのは、メリットが高いと言える。

標準プロテクター コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用
[コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004]

 

 

 

 

 

 

肩のプロテクターが付いている所。

肘・肩のハードプロテクターはジップ式でセット位置が調整出来るようになっている。 

コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用
[コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004]

 

 

 

ジップ式。
プロテクター コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット バイク用
[コミネ KOMINE ライダースジャケット ライトメッシュジャケット ベルーガ JK-004]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------

[【コミネ】 KOMINE JK-004 ライトメッシュジャケット ベルーガ07-004 の感想、評価]

メッシュジャケットの生地が様々ある中で、

この製品はライトメッシュと言う名の通り、ライトなメッシュ生地だ。

真夏でも大丈夫なように、対応されたメッシュジャケット。

 

・プロテクターの位置が調整出来る事。

・標準プロテクターがソフトではなく、ハードである事。

・肘の部分を締めるベルトが付いている事。

・腕の側面、肩には強度のあるナイロンを使用している事。

 

色々と需要を満たした設計がされている。

 

ただ、着脱式のインナーが付いていないので、肌寒い季節に対応する為には

自分でインナーを着増やすとか、調整しなくてはならない。

 

ライダースジャケットは、

・好みのデザイン (がっつりツーリング ・ ちょっと街乗り用)

・季節に合わせた素材・生地 (涼しさ重視のライトメッシュ ・ 強度のある厚地メッシュ ・ 強度重視のレザー)

・体にフィットした製品、またはプロテクターを位置調整できフィット出来る製品と

様々ある中から、自分に適した製品を見つけられれば、とても最適だろう。

 

人それぞれで適したライダースジャケットがあると思うから

これがお勧めというよりは、

これは選択の一つの参考値として自分にあった物を見つけて欲しい。

 

 

 

★★★★★★↓

 

↑安全志向の人にとっては、インナーチェストガードはどのみち購入するので標準装備は嬉しい。

・インナーチェストガード   標準装備    (あると安心)

・防水インナー         標準装備    (真冬でも風を通さない、ウィンタージャケットとしても使えるようになる。)

・保温調整素材アウトラスト 標準装備    (冬でも寒くないだけじゃなく、保温機能。)

・チタニウムプロテクター   標準装備    (肩についている、スラーダー機能)

・LEDユニット          標準装備    (夜暗闇で停車していても、追突されない)

 

 

JK-004は春夏用で、冬には冬用のライダースジャケットと、2種類必要になる。

ライダースジャケットは分厚いので幅を取るし、2着は持ちたくないと言う方もいる。

 

また、ツーリングへ行くと昼間に比べ、夜や早朝・山奥・森林は気温が低く寒くなる。

もちろん、地域によってもだ。

山奥へ入ったら寒くて我慢・・・そんな思いもオールシーズン用ならしないし、気温対策の余計な荷物も増えない。

「雨が降ろうが、寒かろうが、涼しかろうが、暑かろうが」これ1枚で良い。

 

 

そういった意味では、JK-004より価格は2倍だが、安全性・機能性・標準装備・利便性もランクが上なので

こちらの方が総合評価が高いと言える。

 

JK-016、このジャケットは、ありとあらゆる必要な装備を最初から標準装備にしている。


[コミネ KOMINE ライダースジャケット]

----------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
★★★

お買い得の コミネ ライトメッシュジャケット  のショッピング 

ページ左上[検索条件]に

JK-016

↑新型   (JK-004は完売)

を入力すると、最もお買い得が表示されます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

[コミネ KOMINE ライダースジャケット]

 

======================================================================================

 

 

 

 

 

 

 

 

[バイク装備の選び方(バイク)]