ライダースジャケットの選び方(バイク用)
XJR400 XJR1300 CB400 CBR1300R YZF-R1 YZF-R6

[バイク装備の選び方(バイク)]

■オートバイの種類。

 

■バイク装備の選び方:スクーター
スクーター
スクーター

【スクーター】

ご存知の通り、50cc〜の原動機付きバイク。

近場の移動に大変便利。

 

50ccだと高速専用道路が走れない。

 

100ccだと二人乗りが出来て。

125ccだと二人乗り+高速道路が走れる。

[バイク装備の選び方(バイク)]

MAX3つ中)

短距離-★★★
長距離-×
乗心地-★★
値段  -★

お手軽-★★★
■バイク装備の選び方:ビッグスクーター



【ビッグスクーター】

スクーターを大きくしたもの。

車の椅子に座るかのような座り心地、乗り心地がある。

現代の流行でもあり。日本独自の発展を遂げたオートバイ。

その収納の広さは格段。

 

音楽が聴ける仕様もあり、オープンカーみたいなバイク。

イルミネーションやウーファースピーカー、

TVを付けたりカスタムしている人もいる。

 

[バイク装備の選び方(バイク)]

短距離-★★
長距離-★★
乗心地-★★★
値段  -★★

カスタム -★★★


■バイク装備の選び方:ネイキッド



【ネイキッド単車】

一昔前は一般的なバイク。

 

2ハンとよばれる250ccと400ccの中型免許で乗れるものが主軸でオートバイの値段も安い。

レプリカと違い、姿勢がきつくない為に長時間乗車が楽なのと

後部シートが広い為に、ある程度の荷物を置ける。

 

バイクでスタンダードと言えば、このネイキッド。

 

[バイク装備の選び方(バイク)]

短距離-★★
長距離-★★★
乗心地-★★
値段  -★★

総合力-★★★


■バイク装備の選び方:レプリカ


【レーサーレプリカ バイク】

レーサータイプの物。50cc〜1800ccまである。

オートバイの性能をフルに発揮されたバイク。

 

ネイキッドにカール(風よけ)を付けたようなバイク。

体勢がきついので、腕と腰が疲れる。

軽量の車体が多い。

[バイク装備の選び方(バイク)]

短距離-★★
長距離-★★
乗心地-★
値段  -★★★

レース-★★★
■バイク装備の選び方:アメリカン




V型

【アメリカン】

西洋のアメリカで主に主流のバイク。

ハーレーダビッドソンが元祖アメリカンと言える。

最も重圧感のある排気音を出し、音も楽しめるバイクだ。

 

ハーレーダビッドソンの排気音は本当に最高だと思える。

何で、ハーレーにしかあの音が出せないのだろうか。

 

特にアイドリングを極端に下げ、V2エンジンの別々に鼓動するエンジンから発せられる不規則な音は、生きているようだ。

 

止まりそうで、止まらない」アイドリングエンジンの重低音は

いつも心配にさせ、安心させてくれないその鼓動が良い。

感情と気分を持った生き物のようだ。

 

長距離は十分に向いている。

 

足を「どっ」と前に出して乗る姿。

ハーレーに乗る人は、このバイクに乗る事が気分が良いと言う

 

[バイク装備の選び方(バイク)]

短距離-★
長距離-★★
乗心地-★★★
値段  -★★

気分感-★★★


■バイク装備の選び方:オフロード







【オフロード】

道無き道を走るバイク。

悪路でも走行性を高めるバイク。

 

車高が高く、タイヤホイールが大きい。

山道や林道に入ったとたんに性能を発揮し、ヒョイヒョイと軽快に走り出します。

この林道走破の爽快感にハマる方が多い。

確かに川沿いとか、林道なんかで乗ってみたい。

 

 

[バイク装備の選び方(バイク)]


短距離-★・
長距離-★・
乗心地-★・
値段  -★★

林道  -★★★
■バイク装備の選び方:ハイブリッド






















【ハイブリッド 型】

ネイキッドとオフロードの中間のようなバイクもある。

ヤマハ MT-03 660cc。

イタリアで生産されている需要のあるバイク。

乗り心地もイタリア車だ。

タイヤはオフロードのような緩い凹凸形状。

 

ヨーロッパは昔の建造物をそのまま文化財として残している。

その為に、道路の舗装も昔のままで素敵。

イタリアの道路はこんなんだ。

 

ワインの産地で、ワイン畑へ向かう道路も多い。

サスペンションのバネがかなり効いていて、路面の噛みを

良くしている。

 

雪道の上を走っている映像もあった。

そんな文化の需要にマッチしたハイブリッドバイク。

 

自分の住んでいる地域の道路に砂利が転がっていたり、

凹凸が多い道路なら、このバイクのほうがスリップせず安全に楽しめる。

 

また日本以外は、バイクの免許に中型・大型の区分けが無く

免許=限定解除である事が多い。

中型免許層に作った無駄に400ccバイクである必要が無い。

その為、パワーと安全性のバランスが最も良い600ccバイクが製造出来る。

 

日本のバイクは正常時の水平な路面を走るように設計されていて、道路の凸凹道や砂利道の上で性能を発揮できるように作られていない。

完全に綺麗で正常な道路は、一般道にそんなには無い。

ダンプカーが通れば、積み荷の砂利を落とし、アスファルトは徐々に窪み凹凸が出来る。

 

そういった意味でも、今後のハイブリッドバイクだ。

[バイク装備の選び方(バイク)]

短距離-★★
長距離-★★
乗心地-★★
値段  -

全道路-★★★
■バイク装備の選び方:ツーリング道












【ツーリング先】

ツーリング先の田舎道のこんな道も走るかで

バイク装備の選び方の種類を検討するのも良い。






 

日本の道路は世界でも、最も整備された国。

海外に行って、道路がひび割れているし

ゴミは散乱しているし、汚いと思う方は多いみたいです。

人口の割に国土が狭いからこそ、整備が行き渡るという事もあり、バイク乗りにとっては、日本の道路は安全な位置にある。

国土交通省にありがとうございます。

 

また、車、バイクの運転手のマナーは海外だともっと悪かったりする。

飲酒運転や、薬物運転をこれほど取り締まっている安全な道路事情の国は日本が一番だろう。

 

[バイク装備の選び方(バイク)]

 
 

 

 

 
     

 

 

 

ロレックスの悩み方バボラ ピュアドライブ愛好家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[バイク装備の選び方(バイク)]