バイク装備の選び方(バイク用)
XJR400 XJR1300 CB400 CBR1300R YZF-R1 YZF-R6

[バイク装備の選び方(バイク)]

■装備・プロテクターの使用感想。  (フルフェイス編)

 

バイク乗りの皆さんから、使用した装備の感想を頂きました!!。

SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット 
海岸沿いは、潮風を感じれる。

 

 

======================================================================================

【SHOEI フルフェイス ヘルメット Z-5、Z-6】

評価
被り易さ:OK
軽さ:OK
デザイン:バリエーションが多い
コンパクト:OK

SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメットSHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメットSHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメットSHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット
SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメットSHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメットSHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット
SHOEI ショウエイ Z-6  

ロングセラーという事もあり、デザインのバリエーションが多い。

 

高い衝撃吸収性能と絶対的な軽量化が特徴。とにかく軽い

あまり重すぎると、首の負担が大きいと心配していた為に、このフルフェイスは大変良いと思う。

現在はZ-6で、より進化して販売されている。

 

 

 

 

 

 

 

【感想】


スタンダードタイプのSHOEI ショウエイ Z-5。

厚みが薄くヘルメットを装着しても、頭でっかちに見えない所が良い。

大変コンパクト。

シールド面が広く作られていて、視界は広い
SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット
SHOEI ショウエイ Z-6   [SHOEI ショウエイ Z-5、Z-6]

 

 

 

 

 

 

 

シールド取付け部。段階ロックで調整できる。

スプリングを使用して取付けてあるので、たとえ強風でも動いたりすることは一度もない。

高速道路で、開けていたとしても動かないと思う。

SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット
SHOEI ショウエイ Z-6  [SHOEI ショウエイ Z-5、Z-6 フルフェイス ヘルメット]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内側部。通気性が確保されているので、夏でもあまり蒸れたことは無い。

例え蒸れたとしても、内側のクッションは取り外して水洗い可能だ。

SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット

7時間乗車でも、しめつけられて頭が痛くなった事はなかった。

Z- の6代目にもなると、そのへんまでも考慮がされているのだろう。

 

ちょうど耳の部分が窪んでいて、耳は潰されない構造になっている。

SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット
SHOEI ショウエイ Z-6
[SHOEI ショウエイ Z-5、Z-6]

 

 

 

 

 

 

 

かれこれ3年使用しているけど、

ほつれやすい首回りのメッシュ部分は今だしっかりしている。

被る時に擦れる、革レザー部の入口部分は、裂けや亀裂で劣化しやすいけど、いまだ劣化や汚らしさはなく清潔。

耐久性としても良いようだ。  ここが擦り切れて汚くなるのが一番嫌い。

SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット
[SHOEI ショウエイ Z-5、Z-6]

 

 

 

 

 

 

 

後ろから。後ろの通気口。 同じように開閉できる通気口が前と後ろにある。

SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット
[SHOEI ショウエイ Z-5、Z-6]

 

 

 

 

 

 

 

ヘルメット前部の口元の通気口。

開閉が出来るようになっている。

写真の状態は

SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット
[SHOEI ショウエイ Z-5、Z-6]

 

 

 

 

 

写真の状態は。  閉じているのが解る。

手前の透明のプラスチック部を真ん中に動かすと閉まる。

(左=開  真ん中=閉  右=開)  冬にシールドが曇る時は開ける。

SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット
[SHOEI ショウエイ Z-5、Z-6]

 

 

 

 

 

 

 

フルフェイス前部の通気口。

閉めている状態。  冬は閉める。夏は開ける。

SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット
[SHOEI ショウエイ Z-5、Z-6 フルフェイス ヘルメット]

 

 

 

 

 

開けた状態。  後ろにも同じようにあり、風が前から後ろへ抜けるようになっている。

見た目、空気穴が小さい気がしていたけど、蒸れたことがないから

しっかりと通気がなされているのだろう。

SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット
[SHOEI ショウエイ Z-5、Z-6 フルフェイス ヘルメット]

 

 

 

風と空気が抜けるイメージ。

内部のクッションが凹凸になっていて、空気を通すスペースが確保されている。

SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット
[SHOEI ショウエイ Z-5、Z-6 フルフェイス ヘルメット]

 

 

 

後ろの通気口。  閉めた状態。SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット
[SHOEI ショウエイ Z-5、Z-6 フルフェイス ヘルメット]

 

 

 

 

開けた状態。

SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット
[SHOEI ショウエイ Z-5、Z-6 フルフェイス ヘルメット]

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------

[SHOEI ショウエイ Z-6の感想、評価]

とても良い。これ以前に2万1千円の安いフルフェイスヘルメットを使っていたけど、

まず、視界が狭く上下左右が見えづらかった。

そして重くて首が疲れたし、その重量で衝撃時に首が激しく振られるのが心配だった。

また、厚みがあったために、頭でっかちの見栄えが恥ずかしく、嫌だった。

 

このヘルメットは走行時は静かで静音性もある。

他にも、良い製品があると思うけど、このSHOEI Z-6は、文句が無い

カラーバリエーションも豊富で自分好みが見つかる。

 

買って間違いないお勧め製品の一つだと思う。

 

 

----------------------------------------------------


 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
★★★

お買い得の SHOEI Z-6 を検索する。 のショッピング

ページ左上[検索条件]に

Z-6

を入力すると、最もお買い得が表示され。お好きなデザインも見つかります。

(SHOEI Z-5は生産が中止され、現在は進化したZ-6のみ販売されている。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


[SHOEI Z-6、ショウエイ Z-6 フルフェイス ヘルメット]

 

 

======================================================================================

 

 

 

 

 

 

 

[バイク装備の選び方(バイク)]