バイク装備の選び方(バイク用)
XJR400 XJR1300 CB400 CBR1300R YZF-R1 YZF-R6

[バイク装備の選び方(バイク)]

■装備・プロテクターの使用感想。  (膝プロテクター編)

 

バイク乗りの皆さんから、使用した装備の感想を頂きました!!。

ニーガード 膝プロテクター 選び方 ニーガード ニープロテクター 膝プロテクター 選び方 ニーガード ニープロテクター 膝プロテクター 選び方    

 

======================================================================================

 

膝用プロテクター

【[ホンダ HONDA] ニーシンプロテクター 3アジャストベルト  EJ-D94 (0SYEJ-D94-K-F)】

検索型番:
EJ-D94 

評価
安心感:OK
安全度:OK
コンパクトさ:大きい
フィット感:OK

ニーガード ニープロテクター 膝プロテクター ホンダ 膝プロテクターニーガード ニープロテクター 膝プロテクター ホンダ 膝プロテクターニーガード ニープロテクター 膝プロテクター ホンダ 膝プロテクターニーガード ニープロテクター 膝プロテクター ホンダ 膝プロテクター
膝用プロテクターHONDA(ホンダ)ニーシンプロテクター ブラック フリーサイズ 0SYEJ-D94-KF
 

 

 

 

 

 

今まで、2点止めのニーガード(膝プロテクター)の製品を使っていたけど。

歩いたり、ちょっと手で押すとズレてしまう。

 

これが、走行中の転倒だと思うと、時に保護してくれるだろうけど、横滑りの強い衝撃でズレたらと考えると

ずっと心配だった。膝が割れてしまう。

 

それも一番保護したい、膝の部分がパカパカしていて「前と左右」に移動してしまう。

その為に、最も守りたい膝の保護の信頼性が低いところに問題があった。

 

厚さ、素材強度は十分。しかし、プロテクター選びで重要なのは衝撃吸収の強度よりも

第一にズレない信頼性だ。

ズレて膝に直に衝撃を受けたのではまったく意味がない。

ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター
[過去に使用していた膝プロテクター]

 

 

 

 

膝プロテクターの選ぶポイントとして重要視しているのは。

重要度の順番を付けると。  (私の場合、ジーンズ等の下に付けます。)

1番目.ズレない事。

2番目.衝撃で損傷しやすい足の箇所(膝、脛、膝と脛の側面)がガードされている事。

3番目.コンパクトで、目立たない事。

4番目.着用しやすい事。

5番目.衝撃を吸収する事だ。

(3、4、5番目は同じくらいの順位)

ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター

この膝プロテクターは、最も重要な1番目のズレないの基準を満たしていない。

 

5番目の衝撃の吸収性に関しては、衝撃吸収性がいかにあっても

ズレたり、衝撃の箇所がカバーされていなければ

直接に骨と皮膚を損傷し、大けがになるので、それほど重要視していない5番目だ。

 

薄くても強度のあるプラスチック1枚で、ズレずにしっかりと、足が覆われているほうが信頼できる。

・ズレて骨折することもあるけど、時と場合により完璧に衝撃を吸収する。よりも

・打撲はするけど、必ずプロテクターが保護し、重傷はしない。ほうが増しだ。

骨折 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター

 

2番目.衝撃で損傷しやすい足の箇所(膝、脛、膝と脛の側面)がガードされている事。

も満たしていない。膝カップとカバーの幅・範囲が短くて、転倒時に膝の側面からの角度でアスファルトに

ぶつかると。直接膝骨にぶつかる可能性が高い。

 

また、脛の吸収素材の布幅もせまく、バイクの車体に挟まれたら、皮膚で引きずられるだろう。

 

重要順位の1番と2番目が満たされていなければ、3、4、5番目が満たされていても信頼感は薄いし危険性が高い。

転倒 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター

 

 

 

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------

安全装備 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター

プロテクター製造会社や本格的なツーリングライダーからすると、

5番目の衝撃吸収性が最も重要だとする所かもしれない。

 

バイクでツーリングへ行くのなら、がっちりした装備を付ける人が多いが

一般ユーザーは街乗りの方が多く、プロテクターを付けた状態が恥ずかしい

着けると目立ってみっともないと言う理由でつけない人も多い。

 

バイクに乗って移動すれば、買い物もしたいし、食事もしたい

選び方 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター 選び方 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター 選び方 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター 

 

 

バイク装備の選び方 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター バイク装備の選び方 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター バイク装備の選び方 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター

 

 

 

ツーリングでは完全装備なのに、

軽い街乗りや通勤で、プロテクターを着けずに怪我をしてしまった方も多い。

事故で怪我、重傷を負う人は、プロテクターを着用していなければ当然で

バイクの怪我・重傷発生率は増え、「バイクは危険」の統計からバイクを乗らなくなる人も増えている。

バイク装備の選び方 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター   バイク装備の選び方 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクターバイク装備の選び方 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター バイク装備の選び方 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター

(乗る人が減っているというよりも、乗らなくなる人が増えいる。)

統計 バイク装備の選び方 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター 

 

 

プロテクターの厚みはほとんどが、表面の薄いプラスチックカバー内側のスポンジだ。

・ツーリング用の強固な物。

・街乗り用の目立たない物。

のように、衝撃吸収性は落ちるが、コンパクトなちょっとした街乗り用のプロテクターを見つけて

使用している人もいる。

バイク装備の選び方 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター バイク装備の選び方 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター バイク装備の選び方 ニープロテクター ニーガード 膝プロテクター

-------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1番目.ズレない事。

2番目.衝撃で損傷しやすい足の箇所(膝、脛、膝と脛の側面)がガードされている事。

を優先して探した中

 

見つけたのが膝の部分も固定できる、3点止めの

HONDA ニーシンプロテクター EJ-D94 だ。

ズレない製品だと、ある程度の評価を見つけて注文した。コンパクトでは無いようだ。

商品の到着。

ホンダ HONDA ニーシンプロテクター  EJ-D94 (0SYEJ-D94-K-F)
[HONDA ホンダ ニーシンガード ニーシンプロテクター 膝 EJ-D94]

 

 

 

 

 

 

第一感想デカい。

以前使っていたニーガードの倍ある。

サイズは[縦幅 47センチ × 横幅最大 25センチ] 2リットルのペットボトル以上大きい。

どのサイトにも、サイズ表記が無かったので、自宅に届いて初めて大きさを実感した。

 

普段はジーンズの下に着けるので、見た瞬間に思った・・・このHONDA ニーシンガード EJ-D94 は使えないかも・・・

やってしまったかも・・・・と。
ホンダ HONDA ニーシンプロテクター  EJ-D94 (0SYEJ-D94-K-F)膝プロテクター
[HONDA ホンダ ニーシンガード ニーシンプロテクター 膝 EJ-D94]

 

 

 

 

 

 

 

これが今まで使っていたニーガード写真↓。 この製品は結構厚みがある。

左右の幅が無いのに厚みがあるせいで、逆に足とのフィットに高さが出てしまい左右にズレるといったマイナス要素があった。

 

また、バイクにまたがると、膝のパカパカ部分が浮いて、膝元が突き出たようになり、

見た目も微妙で、パンツの裾もだいぶ上にズレてしまっていた。

左は2リットルペットボトル。

大きさ的には、ローラースケートに最適といった所。
膝プロテクター ニーガード 
[ニーシンプロテクター 膝プロテクター バイク装備の選び方]

 

 

 

 

 

 

 

そして、HONDA ニーシンガード EJ-D94 と比較。

左は2リットルペットボトル。

プロレスラーが着ける、ニーガード位の大きさだ。

北斗の拳のキャラクターがつけていそう。  (ジーンズ下の着用で使用する予定。)  

 

↓こんなに大きさが違う。実は同じくらいの大きさだと思って購入した・・・(汗)。
ホンダ HONDA ニーシンプロテクター  EJ-D94 (0SYEJ-D94-K-F)膝プロテクター
[HONDA ホンダ ニーシンガード ニーシンプロテクター 膝 EJ-D94]

 

 

 

 

 

 

 

取り出して広げると、作りがとてもしっかりしている。

第一印象の大きさに違和感を感じても、実際に使用してみるまでは解らない。使い続けようと思う。

 

膝の保護、そして脛のサイドも幅が広く保護されている為、安全性はとても高いと言える。

ホンダ HONDA ニーシンプロテクター  EJ-D94 (0SYEJ-D94-K-F)膝プロテクター
[HONDA ホンダ ニーシンガード ニーシンプロテクター 膝 EJ-D94]

 

 

 

 

 

 

 

 

Honda ニーシンプロテクターの裏側。

膝部に穴があるので、装着していると膝がハマってフィットしているか解る。

 

赤いのは、衝撃吸収エアバック。

ホンダ HONDA ニーシンプロテクター  EJ-D94 (0SYEJ-D94-K-F)膝プロテクター
[HONDA ホンダ ニーシンガード ニーシンプロテクター 膝 EJ-D94]

 

 

 

 

 

 

 

 

足が細い人(女性)が素足に履くとなると、脛(すね)の2本ベルトが長い事もあると思うので、

その時は女性お得意の裁縫で、ベロクロ部を一度取って、ベルトを短く切り、再度ベロクロを取り付ける事が必要かもしれない。

 

ちなみに、膝上のベルトは足が細い人でも、太い人でも大丈夫な位の調整幅がある。
ホンダ HONDA ニーシンプロテクター  EJ-D94 (0SYEJ-D94-K-F)膝プロテクター
[HONDA ホンダ ニーシンガード ニーシンプロテクター 膝 EJ-D94]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左足に装着した写真。

良いと思ったのが、足のサイドまで伸びた保護パットだ (赤いプレートがついた部分)。

これなら、例えバイクに挟まれて数メートル引きずられても大丈夫だ。

 

脛のバンド2本は、従来の巻きつけではなく、輪っかに通して折り返すタイプだ。その分装着に手間が掛かる。

しかしもしこれが、ベルトの長い「一周巻き付け式」だったら。ベルトが長すぎて上下にズレたりする。

特に素材がゴムならば、ベルトが長ければ長いほど収縮の範囲が大きくなる為、締め付けの安定感と強度は小さい。

 

また、以前使った2本ベルトのプロテクターだと、脛(すね)足の後ろの肉がブヨッと出っ張るけど(画像のココ)、

↓このHonda ニーシンプロテクターは、サイドの布幅が長いために、べルトで肉が圧迫されることがなく

付け心地がスムーズだ。 きつく締めつけても着け心地が良い。

ホンダ HONDA ニーシンプロテクター  EJ-D94 (0SYEJ-D94-K-F)膝プロテクター
以前の2本ベルトのニーガードは、きつく締めれば締めるほど、ココの肉が「ぶよっ」と出っ張った。
[HONDA ホンダ ニーシンガード ニーシンプロテクター 膝 EJ-D94]

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、ある方が、転倒しバイクに足が挟まれたまま数十メートル引きずられた後のHonda ニーシンプロテクター。

外側が擦れている。プロテクターの幅が狭かったら、皮膚だった事だろう。

 

この方が言うには、

もしベルトが巻きつけタイプだったら、ベルトが前部で擦り切れてプロテクターが外れて無傷では済まなかった。

この事故から、ベルトが前部で巻きつけているものは使えなくなったと言う。

ホンダ HONDA ニーシンプロテクター  EJ-D94 (0SYEJ-D94-K-F)膝プロテクター
[HONDA ホンダ ニーシンガード ニーシンプロテクター 膝 EJ-D94]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジーパンの下に履いてみた。  (足は細目、ジーパンの太さは普通タイプ。)

プロテクターが大きい印象があったので、どうなるかと思ったけど、思いのほかすんなりと違和感ない外観だ。

このまま、イトーヨーカドーやジャスコへ買い物へ行ける。

 

Honda ニーシンプロテクターがコンパクトかと言えば、コンパクトではない。 これは大きいです。

しかし、見た目のバランスが良いのは、足首上まで伸びた長いプロテクターと、

膝から脛のサイズ幅が均一な為に、見た目のバランスが取れている。

(部分的にボコッと出っ張っている、他のプロテクターは目立つ事がある。)

 

いわば、少しだけセミフレアのジーパンを履いたような見た目になる。  (今後、全体的な画像も掲載したい。)

脛の足周りが太くなるので、パンツの裾は少し長めでないと、裾が上がりすぎて足首の見える範囲が広くなる。

ホンダ HONDA ニーシンプロテクター  EJ-D94 (0SYEJ-D94-K-F)膝プロテクター
[HONDA ホンダ ニーシンガード ニーシンプロテクター 膝 EJ-D94]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>使用経過 感想。その 

 

せっかくなので、ニーシンプロテクターを使用経過した後の感想も。

-------------------------------------------
固定は以下の3点ベルトで行う。

・膝上ベルト(腿の部分) 収縮するゴム製。

・膝下ベルト         収縮しない布制。

・足首ベルト         収縮するゴム製。

ズレないのは膝上ベルトの効果と思っていたけど、そうではなかった。
-------------------------------------------

 

ズレずに固定されているのは、膝下の収縮しない布製ベルトに強度がある為に、装着時は上下にしっかりと固定がされる。

これがゴムだったら、伸びたりしてガッチリと止めることは出来ないだろう。

 

膝上のベルトは、膝部のプロテクターが「パカパカ」と左右上下にズレない効果をもたらす、ある意味補助的な効果。

その為に、ここは少し緩く締めておいても大丈夫。

きつく締めると膝を曲げた時に膝の皿が下に押し込まれたような圧迫感を感じる。

 

 

 

画像↓のプロテクター内側の膝部にある赤いクッション穴に注目してほしい。

バイクをまたがって膝を曲げた体勢の時に、膝先が穴にハマる事によってズレない効果がある。

(直立(膝が伸びた状態)の時には、穴はあまり関係ない。)

しかし、そのハマりの着け心地が良いのか悪いのかは、まだ何とも言えない。

 

 

ベルトによる、固定の[締め付け効果・効率]を比率で表すと

・膝上ベルト(腿の部分) 2割。

・膝下ベルト         5割。

・足首ベルト         3割。

「膝上ベルト(腿の部分)」はパカパカと左右前後にズレない役割で、

ほとんど「膝下ベルト」「足首ベルト」による締め付けにより、しっかりと固定される。

 

 

↓使用し続けると、硬い生地も柔らかくなり馴染んでくるだろうし、ベルトの締め位置や、締める強さにより

フィット感も変わってくるだろう。

ホンダ HONDA ニーシンプロテクター  EJ-D94 (0SYEJ-D94-K-F)膝プロテクター
[ホンダ HONDA ニーシンプロテクター EJ-D94 (0SYEJ-D94-K-F)膝プロテクター]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>使用経過 感想。その◆

だいぶ、馴染んできた。

7時間の乗車で、締め直しは一度もなし。

 

1.山の上にある観音様を見に、歩いて登頂したけど、ニーシンガードプロテクターがズレることは無かった。

ただ、ベルトでちょっと肌が擦れて赤くなっていたので、締め直した。

 

2.バイクに乗車中に、隣に他の製品の「2点止めニーガード」をジーンズの上に装着している人を見たけど

プロテクターの膝部分が完全に「左膝ペロンッ、右膝ペロンッ」と飛び出たように浮いていて、

転倒時に衝突の角度によってはどうなる物かと心配に思う。

 

3.当初、ホンダニーシンプロテクターはデカさに違和感を感じていたけど、

「どの衝突の角度」でも守ってくれるだろうと言う安心感の高さから、もうこれ以外は使っていない。

 

4.実は写真のとおり、ベルトが私には長くてフィット感を求めてベルトをカットした。(短くなっている)

(手縫いは強度が弱いので、もちろんお近くの御直し屋に頼んで、ミシン縫いでしっかりと着けてもらった。)

※製品保証対象外となるので、注意してください。 (ユルユルで不安定なプロテクターも注意だけど・・・)

 

 

 

5.いくつか、難点を上げてみると。

・ベルトのサイドが尖っている為に、長時間歩くと擦れて肌が赤くなってくる。これは乗車とは関係ない話。

・膝下の収縮しない布製ベルトと同じように、足首部のベルトも締め付けが強い収縮しない布製ベルトでも良いと思う。

 

 

(何故なら、足首近くは脂肪と筋肉量が少なく、ほとんどが骨だから圧迫される事が無い。

 そして、締め付け後のベルト距離が短い為に、収縮させたところで1mm、2mmの効果しか得られない。

 布製ベルトで装着の強度があったほうが望ましく思える。)

 

(実はここだけの話、ベルトをカットしたら必然的にゴム部分を全部カットする事になり、収縮しないベルトになった。

 そしてら、ガッチリと足にハマるフィット感になった。 (それにも関わらず窮屈な足への圧迫は無し)

 10cm位切ったと思う。  ※注意:製品保証対象外 )

 

ホンダ HONDA ニーシンプロテクター  EJ-D94 (0SYEJ-D94-K-F)膝プロテクター
[ホンダ HONDA ニーシンプロテクター EJ-D94 (0SYEJ-D94-K-F)膝プロテクター]

 

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------

[HONDA ニーシンプロテクター EJ-D94 の感想、評価]

とても大きいプロテクターだ。

膝だけの為に作られた大きさだ。(肘・膝兼用は小さい)

本当に安全性の基準を得るためには、この大きさが必要なのかもしれない。

ただしパンツの中に着用するなら、ベルトが長くなると思うので、なんらかの対応が必要だと思う。

 

一度付けると、その安全性と安心感の高さから使用し続けている。

もし転倒したら、膝をアスファルトや障害物へぶつけて

「いつでも衝撃を受け止めてやろう」という、信頼感がある。

 

そして、歩いてもずり落ちない。

これを付けたまま、サッカーでも出来る。(ベルトの長ささえ調整すれば)

 

 

膝プロテクターの幅の広さから、保護領域が多く

脛(すね)のサイドについた保護パットが、どんな状況にも対応してくれる。

 

始めは、デカくて使うのが厳しいと思った。しかし5000円という安値だし

まっ目的の安全性は満たしているから、とりあえず使い続けてみるか」の気持ちだったけど

コストパフォーマンスから見ても、使える買い物をしたと思う。

 

 

[膝用プロテクターHONDA(ホンダ)ニーシンプロテクター ブラック フリーサイズ EJ-D94 詳細]

Honda【ホンダ】  EJ-D94 ニーシンプロテクタ...

Honda【ホンダ】  EJ-D94 ニーシンプロテクタ...
価格:4,536円(税込、送料別)

ホンダ (純正) ニーシンプロテクター EJ-D94...

ホンダ (純正) ニーシンプロテクター EJ-D94...
価格:5,184円(税込、送料別)

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
★★★

商品 HONDA ニーシンプロテクター EJ-D94 を検索してみる。

ページ左上[検索条件]に

EJ-D94

を入力すると、最もお買い得が表示されます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

また類似製品で、コミネ製品のSK-491という膝プロテクターがある。

この製品も大きさは同等程度で(気持ち小さめ)

膝上のベルト、膝下の収縮しない布製ベルト、足首のゴム製ベルトで構成されている。

 

紹介したHONDAの膝プロテクターと違うのは、もとから素足に着用するように設計・製作されているところ。

素足に着けてもベルトの長さが丁度よく。女性並の足の細さでも大丈夫。

 

そして、HONDAよりも薄型でパンツの内側でも着用しやすい。

スタイリッシュに決めたいなら、こちらが優位だと思う。

( HONDA EJ-D94 より着用の手間はかからない。)

SK-491 コミネ 膝プロテクター ニーシンガードSK-491 コミネ 膝プロテクター ニーシンガード

[コミネ SK-491]

SK-491 コミネ 膝プロテクター ニーシンガード

 

 

↓[コミネ SK-607]  ブーツを履く人用に、↑SK-491の下部がショートカットされたSK-607がある。

コミネ SK-607 膝プロテクター ニーシンガード

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
★★★

SK-491 を検索してみる。

ページ左上[検索条件]に

SK-491

SK-607

を入力すると、表示されます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

[ホンダ HONDA ニーシンプロテクター EJ-D94 (0SYEJ-D94-K-F)膝プロテクター]

 

======================================================================================

 

 

 

 

 

 

 

 

[バイク装備の選び方(バイク)]